当院での白内障手術

 当院では、今までは白内障手術ご希望の方は他の施設に紹介していました。今後も患者さんのご希望の施設に紹介するのが基本です。
ところが、開院して30年近くたちますと次のような患者さんも多くなっています。

  • 当院でなら手術を希望するが他の所に行ってまで手術を希望しない。
  • 見えなくて不自由を感じるが手術は恐いので希望しない。
  • 高齢なので諦めている。
  • 身内の介護で忙しく、自分のことは後回し。
  • 車椅子なので手術後の通院は無理。

このようなご要望に応えるために、地元で白内障手術できる体制を整えています。安心安全な最先端の白内障手術をめざして、平成29年(2017年)12月より開始予定です。

白内障手術の実際の手技

  • 麻酔は点眼麻酔のみです。
  • 角膜切開も2mmくらいのトンネルを作るだけです。この小さなトンネルに細いストローのような器具を挿入して、水晶体の濁った部分を吸い出します。そして、きれいになったスペースに眼内レンズを折りたたんでトンネルから眼内に挿入し中でレンズを広げます。
    一昔前のように大きく角膜切開をしないので、日帰り手術が安全にできるようになりました。
  • この一連の手術は、滅菌した手術室にて徹底した消毒後に、すべて顕微鏡下で行われます。
  • 白内障手術は、決して簡単な手術ではありません。手術器械と眼内レンズと医者の技量の進歩によって、徐々に安心安全に手術ができるようになってきました。
  • 当院では、無理に白内障の手術をお勧めしません。ご本人が希望される場合に限ってご提案させて頂きます。他施設への紹介状も、今まで通りにお書きしますので、ご安心ください。
  • 術前の眼内レンズの度数決めが、とても大切ですので、最新のフーリエドメイン光学式眼軸長測定装置を導入しています。術後のピントをどこに合わせたら、その人にとって幸せなのかを一緒になって考えて、術後の度数誤差が無いように細心の注意を払います。
  • 料金は健康保険3割負担の方は5万円くらいで、1割負担の方は、1万5千円くらいです。
  • 手術時間は20分前後です。症例によって早くなったり遅くなったりします。
  • 手術翌日に眼科に来て頂き、確認後、眼帯はしなくてよくなりますが、保護眼鏡をかけていただきます。点眼は2~3ヶ月して頂くようになります。